OMソーラーの新ロゴ

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


最近、OMソーラーのロゴがリニューアルされました。それが、こちら↓

カッコイイ……のか?
とりあえず、振り仮名がついて、読みやすくなりましたね

最近、OMソーラー協会は、コピーライターのマエキタミヤコさんとタッグを組んだそうで、
その初っ端にマエキタさんからご指摘があったそうです。

「OMって、最初に見た人は『オーエム』なのか『オム』なのかわかりませんよ!」

うはー、近年稀に見るナイスツッコミ

OMソーラーは、家づくりを始めたばかりの方には仕組みがわかりにくい部分がありますし、
仕組みがわかっても、実際の効果はどうなんだ?という疑問を持たれる方がほとんどです。
そこへきて、名前がアルファベットで読み方がようわからん、というのは意外に大きなマイナスポイントだったんじゃないかと。

今後、OMソーラーはマエキタさんと共にブランディング・マネージメントを向上させる計画だそうですが、
その手始めとしては、とても良い気付きだったと思います。

「電気ちょこっと、これからの家。」の新キャッチもなかなか良い感じ。
今後の展開に期待したいと思います。

しかし、「住暮楽」も、「初めての人には読めませんよ!!」って言われそうですね…

今日もポチッとご協力を!!
↓ ↓ ↓


OM経営者会議 in 浜松

↑ ↑ ↑

いつも応援ありがとうございます☆
今日もポチッとご協力お願いします!

OMソーラー協会では、一年に一回、経営者会議というものが開かれます。
会員となっている工務店の社長さんたちが一同に会し、前年度の報告や講演会、家の見学会などが開かれ、
情報交換や、他の地域の工務店さん交流を深める目的で開催されています。

本来であればクラさんが出席するところ、今回は旅行中で不在のため代理で私が出席しております。
基調報告の様子↓

200名近い関係者が集結する様子はなかなか壮観です。

基調報告では、OMが現在おかれている状況の説明があり、けっこう面白かったです。
地球規模で環境保全に対するムーブメントが起こる中、OMへの期待が高まっていること、
私達工務店もその一翼を担っていることを改めて認識しました。
そういう視野の広さは、普段、眼前の仕事と向き合うばかりでは得られませんので、貴重な機会を得られたと思います。

会議は3日間連続で行われますが、私は浜松で一泊して、明日の朝には京都へ戻ります。
現場が気になって仕方ないですので・・・。代わりに2日目、3日目は高田さんが参加してくれることに
なっております。高田さん、あとお願いしますね〜☆

モチベーション新たに、明日からの仕事を頑張っていきたいと思います。

ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓

JUGEMテーマ:住宅

続・OM総会(北海道)

安田侃(やすだかん)と言う芸術家を初めて知りました。

安田侃は美唄市の出身です。
かって炭坑として栄えた時には人口が9万人を超えていたが
今は2万人まで減って、このあたりにも沢山あった小学校が殆ど廃校になりました。
そのような廃校の跡地を利用して、安田侃の作品を展示しています。


講堂も、木造の旧校舎もとっても魅力的な建物でした。芸術を意識しなくても芸術は出来る、、、ということか。

しかし残念なことに、これは多少色気を出したために芸術にはならなかったようです。

OM総会(北海道)

 OMの総会が北海道でありました。
 往きは女房の主張によりトワイライトエキスプレスで22時間かけて行きました。


 会議で面白いと思ったのは、熊本県のエコワークスという会社の小山社長の報告。
この会社は新産住宅という地元では有名な住宅会社を分社して出来た会社なんだそうです。

 面白いのはその分社の仕方。兄弟が3人いるので、自分はエコワークスを創業してOMソーラーをやっているが、何と弟は○○工房という会社を創業してエアパス工法をやっているんだそうな。(エアパスの他にもエアサイクルとかエアサーキットとか何処がどう違うのか良く判らないのが3つほどあって一応これらがパッシブソーラーの業界ではOMのライバルと言うことになっています)

 その分社の仕方を聞いて、関ヶ原の合戦の時、信州上田城の真田昌幸が長子の信行は東軍の徳川に属せしめ、自分は弟の真田幸村とともに西軍の石田方に回ったという話を連想しました。どっちが勝ってもお家は続く、、、

 自社のオープンハウスに熱心に来ていたお客さんがしばらく姿が見えないと思っていたら、間もなく弟の会社で契約したとか、あるいはその逆もあるんだそうです。

 そういうお客さんを追跡リサーチしてみると、何故OMでなくエアパスを選んだかの理由が非常にハッキリわかったんだそうです。その第一の理由は「OMは運転操作が面倒」、第二の理由は「OMは夏の暑さ対策が無い」と思われていた。

 それで、「OMには全自動タイプがあって全く放ったらかしでも動く」と言うことをキチンと説明し、夏対策には土間の冷気を積極活用する「土間クール」なるモノを考案してこの3年ばかりデータを取りながら改良を重ねたんだそうです。それでもう今はバッチリ「冬は元々圧勝しているし、これからは夏も互角」と言うことで、嬉しそうに呵々大笑する小山さんでした。

 「土間クール」は今年からOMでも売り始めましたが、なるほどそういう経緯で開発されたのかと納得。OMのメンバーにはこういう総意工夫の人が多い、そこがOMの一番楽しいところだと思います。
 







撮影!!

先週末、OMソーラーの「共有」の撮影がありました。

掲載予定のお宅は・・・花園の家です。
小さいお子さんがいるので、なかなかお目見えの機会がなかったのですが・・・
設計士のご主人が基本設計をされた外部デッキのキレイなお家です。

撮影風景です。赤ちゃんがいるのに快く協力してくださったH様ありがとうございました。
私は・・・初めて中に入ったのですが、吹き抜けに取り付いたキャットウォークからの光がとてもキレイで、いままで発表の機会がなかったのが残念です。写真ベタな私では
吹き抜け風景を撮れなかったので・・・ホームページの「花園の家」を見てもらえたら
助かります・・・


洗面所の入口の建具です。
見にくい写真になってしまったのですが・・・
小窓のガラスはご主人が用意してくださいました。
さりげなくて可愛いです。今後の参考になる建具でした。





<< | 2/6PAGES | >>

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM