外付けフラッシュを使ってみると

 
↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます☆
今日もポチッとご協力お願いします!

さて、外付けフラッシュと、カメラに元々付いている内蔵フラッシュの違いについて、
サンプルの写真を撮ってみました↓

1.内蔵フラッシュ使用

内蔵フラッシュはカメラの向く方向に対してまっすぐ光を放射します。
そのため、被写体の正面に強い光が当たります。
結果、影は被写体の真後ろに付き、平板な絵になってしまいます。
また光量もたいしたことないので、上の写真でも隅っこの方は光が十分に届いていません。

2.外付けフラッシュを使用(天井にバウンス)

お次は外付けフラッシュを使用。
フラッシュを天井に向けて、光を反射(バウンス)させて撮りました。
こんな感じです↓

被写体には光が上方から当たるため、影が下に付きます。
こちらの方が、1枚目よりも立体的に見えませんか?

3.外付けフラッシュを使用(右側の壁にバウンス)

今度は右側の壁に光を当ててみました。
光の当たる加減で、ずいぶん印象が変わりますよね。
このように外付けフラッシュは、被写体に当たる光の向きをある程度自由にコントロール
可能なところが最大の魅力です。

4.外付けフラッシュを使用(ディフューザー付き)

今度は外付けフラッシュを正面に向けて、さらにディフューザーを使いました。
ディフューザーはフラッシュの光を拡散させるための小道具です。
こんなの↓

上の写真では、被写体に拡散した光が当たり、部屋の明るさが上がったように見えますよね。
本業の家の写真を撮る時にも活躍してくれそうです。

さらに、このディフューザーを付けて、壁や天井にバウンスさせることで、
被写体により自然な影を付けることも可能になります。

こんな感じで外付けフラッシュを使うと、撮影の幅がグッと広まるというわけなのです。
これまでは、ほとんど全て自然光に頼って写真を撮ってきましたが、今後は一味違いますよ(笑)
たくさん練習して、いつの日か光の魔術師と呼ばれるようになるまで頑張りたいと思います。


ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓



JUGEMテーマ:住宅

フラッシュ!

 
↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます☆
今日もポチッとご協力お願いします!

先日、北白川Hさんの家で洗面水栓の写真を撮らせていただいた時の反省から、
本を読み、写真について色々と勉強をしました。

その結果、得られたひとつの結論。
―――「外付けフラッシュが要る」

なんでそうなるのかはひとまず置きまして、買っちゃいました。外付けフラッシュ。
今の世の中は便利なもので、パソコンでワンクリックすると2日後に小包が↓

早速、息子に乗られてますが・・・。
乗られてるのに、箱がニヤリって笑ってるように見えます。

早速開封〜。
Nikon純正品です。ええ、初心者ですから。

モノはこんな感じです↓
ちゃんと自立スタンドが付いてますが、使うのでしょうか??

カメラに装着☆
ち・・・超カッコイイ・・・!
プロっぽさが滲み出てます。

ついでに、写真屋さんのように、ケーブルの先にシャッターの付いてるやつも買いました↓
レリーズといいまして、カメラに振動を与えずにシャッターを切るためのものです。

これまで家の完成写真を撮る時は、三脚を使わなかったんですが、手ブレで失敗した
惜しい写真がけっこう沢山ありまして、良い機会ですので買っちゃいました。

さて、肝心の「外付けフラッシュが要る理由」なんですが、言葉では説明が難しいです。
撮った写真を見ていただければ、簡単にわかるようなことですので、明日にでも
サンプルの写真を撮って説明させて頂きます。お楽しみに〜☆

JUGEMテーマ:住宅

ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓

カメラ

月曜担当のたまごです。
先日、OMソーラー協会主催のカメラ教室に行ってきました。

↓会場となった「だんだんの家」


プロのカメラマンに講師として来ていただいて、質問コーナーを中心に
丁寧に指導をしていただきました。
私も、1年ほど前から仕事で一眼レフカメラを始めて手にし、
家の写真を撮るようになりましたが、カメラにできること/できないこと
について沢山の疑問を持っていました。

例えば、空の青さをバックに家を撮りたい時はどうしたらいいのか?
答えは「被写体に対して順光の時に撮影する」ということでした。
私はカメラの操作だけで写真が撮れるものと思い込んでいましたので、
目からウロコが落ちたような気がしました。





すこしずつ腕を磨いて、家の写真をもっと魅力的に撮影できるようになりたいと思います。

JUGEMテーマ:住宅



新兵器!


こんばんは!
すっかり更新をごぶさたしておりました。

今週は、お客様に提出するプランを考えなければならなかったので、
しばらくお休みさせて頂いたのです。
その間訪れて頂いた方は、愛想の無いことで大変失礼いたしました…。

で、その間住暮楽に新兵器が登場してます。
紹介しましょう!
ニコンD80くんです!


最近テレビのCMでキムタクがしきりに褒めてますから、目にされた方も
多いのではないでしょうか?
⇒CMはコチラ。
⇒コチラはロングバージョン。

とはいえボディはそれほど問題ではなく、むしろ重要なのはレンズ。
普通のカメラよりはるかに視界の広い広角レンズこそ
建築写真、特に住宅を撮るためには必須の一品なのです。

家の中の空間をできるだけ広く写そうとした場合、コンパクトカメラでは
どうしても限界があります。
外観も、家全体を写そうとすると相当距離を取る必要がありますので、
普通のカメラではきちんと写せない場合があります。

そこで、同じ距離でも視界がずっと広くなる広角レンズが必要になってくる
というわけです。

一眼レフを使うのは初めてなのですが、やはりコンパクトカメラより
扱いがずっと難しいですね。
使いこなせるようになるまで、ちょっと時間がかかりそうです…。



ひとまずは、質より量、習うより慣れろ、ということでバシバシ撮っていく
ことから始めたいと思います。

良い写真が撮れればどんどんブログに載せていきたいと思いますのでお楽しみに!

――――――――――――――――――――――――――――――――――
〜秋の見学会情報〜
「建築家の自邸」花園H邸
日程:10月21〜22(土日)、28〜29(土日)
⇒詳細はコチラ


――――――――――――――――――――――――――――――――――
いつも応援ありがとうございます!
当ブログは人気ブログランキングに参加しておりますので、
励ましのワンクリックにご協力願います★

投票は、こちらのボタンです。 ⇒ 

ランキングの画面になればOKです♪
ご協力ありがとうございました!

セルロースって何?



住暮楽で使われている断熱材「セルロースファイバー」。
原料は木質繊維です。

といっても、あまりピンときませんよね。
そこで、もう少しわかりやすくするために、サンプルを作ってもらいました。
上の写真は、椿の葉の葉脈だけを残したもの。
これがまさに「セルロース」なのです。

植物の幹や枝、葉脈などの細胞は、このセルロースによって覆われています。
特徴は、堅く、耐久性に優れ、そして軽いこと。
人間はこれを使って古くから沢山の製品を生み出してきました。

現代人にとって最も身近なものが「紙」
これはセルロースをいったんバラバラに砕いて、濾し取ったものに圧力を
かけてつくります。

もうひとつ、とても身近なものが「綿」です。
私たちはセルロースの服を身にまとい、セルロースのシーツの上に寝て、
セルロースのバッグを持って生活しています。

意外に身近なセルロース。
姿は変えていても、その用途は同じだったりします。

たとえば木のお椀。
味噌汁を飲む時、あまり陶器の入れ物は使いませんよね?
陶器のお椀だと熱くなってやけどをしてしまいますし、
味噌汁が冷めるのも早いので、普通は木のお椀が使われます。


たとえば新聞紙。
雪山で遭難し、寒くて着るものがない時、新聞紙を1枚背中に入れるだけで
随分寒さがましになるそうです。

これらの理由は1つです。
「木」や「紙」には、保温効果があるからなのです。
服として使われている「綿」に保温効果があることは言うまでもありません。

もともと植物はセルロースによって自らの体を守り、適正な温度を保っているの
ですから、それを原料とする紙や綿に保温効果があるのはごく当たり前のこと。
保温効果は、断熱効果と言い換えることができます。

住暮楽の断熱材「セルロースファイバー」は、その名の通りセルロースを
原料とし、さらに燃えにくくするための処理を施された製品です。
性能、人々の健康や環境への配慮を考えた時、これ以上の断熱材は他にありません。

その効果は、住暮楽の見学会で確かめてください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜見学会情報〜

向日市W邸 「風の通る家」   ⇒詳細はコチラ。

暑い夏でもクーラーなしで過ごす工夫、その一つの答えが「風の通る家」。
住暮楽の家づくりに対するこだわりが随所に見られる家です。
ぜひ、ご家族で見に来てください!

日時:8月26(土)、27(日)
   AM11:00〜PM5:00


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも応援ありがとうございます!
住暮楽ブログの半分は皆さんの励ましによってできています。
今日も励ましのワンクリックをお願いします!!
↓ ↓ ↓




<< | 2/2PAGES |

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM