ドアの鍵

↑ ↑ ↑

いつも応援ありがとうございます☆
今日もポチッとご協力お願いします!

昨日、メンテナンスの件でお邪魔した亀岡市のNさんのお宅での出来事。
奥さまから「玄関ドアの鍵穴のひとつに鍵がささらないんです。」とのこと。

試してみると、確かにささりません。

シリンダーをはずしてみましたが、いたずらで爪楊枝などを差し込んだりした様子もありません。
経験豊富な峠さんも首をかしげます。

細めの釘を鍵穴に差し込んで、ぐりぐりしてみた後、トントン叩いてみると、
パラパラっとなかから黒い粉が・・・。
鉛筆の芯?と思ってよく見てみると・・・。




虫でした。

奥さまいわく「そういえば、こないだ黒い小さい虫が大量発生してました!」とのこと。
虫ごときで本当に鍵がささらなくなるものかと思われましたが・・・あっさりささるようになりました↓

虫が入って詰まるというのは聞いたことがありませんでしたが、世の中には予想できないことが
しばしば起こりますね・・・。ともあれ、直ってよかったです。

久しぶりにびっくりニュースでした。
皆さんも、小さな虫が大量発生したときはお気をつけください。

ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓
JUGEMテーマ:住宅

手すりのサビ止め

↑ ↑ ↑

いつも応援ありがとうございます☆
今日もポチッとご協力お願いします!

伏見区・K邸の外部階段の手すりが出来上がってきました。
大原三千院に程近いところにある大野鉄鋼さんの工場に引き取りに行くと、最後の作業中↓

ヨッコラショと積み込み。鉄工所にはホイスト(天井から物を吊る装置です)があるので、積み込みは楽です。

住暮楽の加工場まで持って帰ってきました〜。大きい上に重いので、下ろすのは大変でした。

今回使うサビ止めはこれ↓エポタールSという2液式のコーティング材です。
自然素材とは対極にあるような建材ですが、外部の鉄製品は非常に錆びやすく、よくある赤茶色の
サビ止めでは数年もすれば効き目が無くなってしまいます。エポタールは耐久性に優れ、長期に渡って
コーティングし続けるため、信頼性が高いのです。

お題目のように“自然派”を唱えるのではなく、用途や状況に応じてバランスよく材料を使っていく
ことが最も大切なんじゃないかと。

地道に刷毛でぬりぬり。
外で作業をしていると、太陽の高度が下がってきていることを肌で感じます。特に午前中は
真横から太陽の光を照らされているような感覚を覚えるほど。しかも、直射日光は濃い影をつくるので、
黒いエポタールがきちんと塗れているかパッと見た感じわからなくなってしまいます。

画家のアトリエに北向きの窓が多いように、作業にはやはり間接光ですね。

9割がた塗り終わりました。

塗り終わった後、加工場の屋根の下に取り込んで乾かします。取り付けは来週月曜日ですので
ひとまずこのまま保管。早く階段に取り付けた様子が見てみたいです。Kさんもう少しだけお待ちを〜!


ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓
JUGEMテーマ:住宅

劇的!Before & After!

月曜日担当のたまごです。

先日、工事が完了した(まだ少し残工事がありますが…Nさんすみません…)
京田辺市N邸の改装前後の比較です☆
改めて写真で見ると、エライ変わりようでびっくり!
外観はそれほどでもありませんが、内部が特に凄いです…。

それではご覧下さい↓

1.西側外観
Before

After


2.南側外観
Before

After

ここまで外観ですが、それほど大きく変わっていません。
雨戸の戸袋が取り除き、ウッドデッキができたこと。
それから、庭に大きく張り出していた和室部分がそっくり無くなって
全体的にすっきりした印象です。

本当に「劇的」なのは、ここから↓

3.キッチン
Before

After


4.キッチンからリビングの方向
Before

After

いかがでしょう?
キッチンなど同じ家だったとは思えない変わりようです。

リビングは部屋ひとつ向こうへ抜けて、さらに窓から外が見えることで空間が
果てしなく広がった印象を受けます。
これが住暮楽の設計心得の一つ、「抜け」です。


5.階段
Before

After


6.2階廊下
Before

After

改装前はプリント合板の壁がなんとも暑苦しい感じでしたが、
壁と天井が白く塗られて随分とすっきりしました。
また、床も無垢のカラマツに変わり、独特の味わいが出ています。


7.玄関横の部屋
Before

After

今回、一番変化したのがこの空間です。
元々は寝室だった部屋が、なんと土間へと変わりました。
天井を高くし、丸太の梁を見せるのはNさんのアイデアです。

8.階段前の廊下
Before

After


9.洗面室
Before

After


いかがでしたでしょうか??

個人的には初めて大規模なリフォームに関わらせていただき、
その難しさと面白さの両面を同時に味わいました。

「住暮楽さんにお願いしてよかった」と言ってくださったNさん、
そのお言葉に涙が出そうなくらい嬉しかったです。
こちらこそ、Nさんのマイホーム大作戦にご一緒することができて
本当に良かったです。ありがとうございました!
残りの工事は近日中にかならず伺います(笑)。

生まれ変わった家で、Nさんご一家が楽しい生活を始められることを祈っております☆

焼き物を釜から出す時のような

月曜日担当のたまごです。
以前からお伝えしておりました京田辺市N邸のリフォーム工事がほぼ終わりました☆

   ↑カメラを向けると何故か直立不動になる木田さん

明日の洗い作業(清掃のことです)に向けて養生をはずしました。
毎回この時は焼き物を釜から出す時のようなドキドキ感があります。
さて今回の出来はいかがでしょう?


今回は全改装に近いリフォームでしたので、内観はほぼ新築同然の仕上がりとなりました。

今回のポイントはなんと言っても内部の塗り壁です。
以前にもお伝えしましたが、この家の内壁はほとんどの部分をお客様ご自身が塗られました。

木部の養生から始まり、下地のパテ処理、撥水材の塗布、コテを持っての下塗り、そして上塗りと手間のかかる作業を地道にこなされた精神力&行動力に改めて敬意を表します。



一枚目の写真にも写っているテーブルは大工・楠田さんの作です。
ダイニングテーブルをオーダーされるまでのつなぎという位置づけながら、
脚が短いものと交換できるようになっており、座卓にもなるという優れモノ。
しかも脚には蝶番がついていて、折りたたんで収納できるのです。


階段など、一部に元の家のままの部分が残っておりますが、それほど違和感なく馴染んでくれそうです。

今回、個人的には始めてのリフォームということで、新築とは違った難しさを様々な場面において感じさせられた現場でしたが、新しい部分と元の部分のバランスを取ることは本当に難しかったです。



1階の床は、お馴染み花背製材所の杉板です。
厚さなんと4センチ。
踏みしめた感じの心地よさを文章ではお伝えできないのが残念です。。。


完成写真は後日改めて撮影させて頂く予定です。
リフォーム前の写真と比較してみると面白いかなぁと考え中。
それでは来週をお楽しみに!

JUGEMテーマ:住宅



セルフビルド


久しぶりの更新です。
京田辺のN邸にて、リフォーム工事が進行中。
なんと、この家の内壁は全てお客さま自身で塗られています。


左官材料は水土社(すいとしゃ)というメーカーの、ドロプラクリーム。
ドロマイトとは苦灰石(くかいせき)と呼ばれる鉱物で、石灰が海中で変容したもの
とされています。
壁に塗られた感じは、石灰を主成分とする漆喰と似た色合いですが、
硅砂(けいしゃ)という細かな砂粒を混ぜて下塗りするため、表面はざらっと
しています。

私もちょっとお手伝いをさせて頂きましたが、一般の方にも塗りやすいという
メーカーの触れ込み通り、適度な柔らかさで壁によく付くので、扱いやすい
印象を受けました。

現時点では2階部分をほぼ完了され、1階へと作業を進めておられます。
仕上がりが楽しみです☆

↓大工工事・外構工事も順調に進行中です。

土間へ突き出した床部分の工事が完了しました。


ガレージのベースコンクリート打設完了!

来週からは新たな工事も始まり、忙しい季節がやってこようとしています…。


JUGEMテーマ:住宅



<< | 2/5PAGES | >>

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM