チャリンコで巡る京都 嵐山モンキーパーク

 
↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます!
今日もポチッとご協力お願いし ます!

皆さま、GWは楽しくお過ごしでしたか?
私は2度の結婚式の合間を縫って、久しぶりに、自転車で京都を巡ってきました。

今回は子連れでしたので、以前から気になっていた嵐山のモンキーパークへ。
新緑がとってもきれいな園内。

モンキーパークは山の斜面につくられているため、かなり急な坂を息を切らしながら登っていきます。
林道のすぐ横は山の斜面。(ほとんど崖)
いまどき珍しく、防護柵がかなりいいかげんなので、小さい子供を連れて行く時には注意が必要。

しばらく登ると、視界が開けます。
パーク内にはモミジが沢山自生しているので、秋には紅葉がさぞ美しいことでしょう。

山頂に到着〜。そこにはサルの王国が…!!

檻の中にヒト。外にサル。あれ?逆じゃないですか?

パーク内のサルは、野生ですが、ヒトによく慣れているので結構近くで撮影できます。
目を合わせると怒るので、これまた注意。

頂上からのパノラマ。
京都は山に囲まれているので、市内を一望できるスポットが西に東に沢山あります。

帰り道は違う順路でこれまた急な坂を下っていきます。

緑の中を歩くので、とっても気持ちがいいです。

ゆっくり登って、下りてきても2〜3時間くらい。良い運動になります。
サルを見るだけでなく、園内の自然を楽しめるので、そこもまたおススメ。
機会があれば行ってみて下さいね。

ブ ログランキングに参加中です。
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓  ↓ ↓


研究

 
 
↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます!
今日もポチッとご協力お願いし ます!

先週末、午後の数時間、たまたま予定が開いてしまったので、前から一度行こうと思っていた
大徳寺に行ってきました。

高桐院
ひとまず、クラさん一押しの高桐院へ。
お庭で有名な高桐院ですが、アプローチ(参道?)も最高に良いです。
正面の門の前で右に折れて、そこから中へと入ることが出来ます。

杮葺の門の上が苔むしてます。その苔からカエデが芽を出していて、春の息吹を感じさせます。
新緑の季節なのに、紅葉している木があるのは何故なんでしょうカランセさん?

お庭。緑もきれいでしたが、秋の紅葉時は最高に美しいそうです。
それにしても、軒下空間は日本の心ですね。ずっと座っていても飽きない心地よさがあります。
住暮楽の家づくりにも出来るだけ取り入れたいものです。

お庭のツクバイ↓
これにもええ感じの苔が。

高桐院は、細川ガラシャの旦那である細川忠興が開祖であり、代々の墓もここにあります。
お墓を褒めるのも変ですが、これまた心打たれる空間でした。


茶室。
今回は茶室と庭の研究が主目的。
先日上棟した大津市のNさんの家で、天井を低めにした和室を作るということで、
参考に本格的な茶室をいくつか見ておこうと。
連休明けには、桂離宮などにも行く予定。

今回は、広角レンズを持っていなかったので、限界まで引いても、全景が入りませんでした。↓
だって狭いんだもん。

しかし、この場にいると、不思議と狭さは感じません。
天井なんか1.88mしかなかったんですけどね。
ちなみにメジャー持参でしたが、茶室内には入れないので、天井高くらいしか測れませんでした…。

車で10分、自転車でも15分くらいの位置にあり、何度となく目の前を通っていた大徳寺ですが、
門の中に入ったのはこれが初めて。

境内にいくつもの塔頭がある大徳寺ですが、高桐院もその一つに過ぎません。
暇を見つけては、また訪れたいと思います。

ブログランキングに参加中です。
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓

JUGEMテーマ:住宅


チャリンコで巡る京都 梅小路蒸気機関車館

↑ ↑ ↑

いつも応援ありがとうございます☆
今日もポチッとご協力お願いします!

先週末の連休、1日だけお休みが取れたので、子供を連れて梅小路蒸気機関車館に行ってきました。

これまでワタクシ個人としましては、クルマや電車に興味を持ったことがありませんでしたが、
1歳10ヶ月のムスコが大の電車好きなのです。

普段から「でんちゃ(電車)!でんちゃ(電車)!」と騒がしいムスコが実物を見たときどんな反応をするのか?
そんな興味もありまして、行くことになりました。

梅小路機関車館は、七条大宮にあり、自宅から自転車で30〜40分くらいの距離。
今月下旬に健康診断を控える身としましては、丁度良い運動です。

先日、お客さまから頂いたチャイルドシート(HAMAX)を愛用の折たたみ自転車に装着!
結構座り心地がいいみたいで、子供も喜んでます。(Hさんありがとうございました〜!)

梅小路蒸気機関車館は、昔の扇形車庫をそのまま利用しています。
実はこの扇形車庫、建造は1914年(大正4年)で、現存する日本の鉄筋コンクリート造建造物としては、
最古のものと言われています。
現役で利用されている点が凄いと思いますが、利用されているからこそ保守され、残された面もあるでしょう。

ちなみに、鉄筋コンクリートが出回り始めたこの時代のコンクリートの方が、後の時代のいい加減な
コンクリートよりもきちんと施工されており、強度が高いことがあるそうです。昔の人は偉大だ・・・。

蒸気機関車館最大の目玉はコレ↓
実際に機関車を動かして、乗せてもらえます。コースは全長1km程度、10分くらいですが、
大人200円、子供100円という破格!!
月替わりでいろんな機関車を動かしてくれるそうです。う〜ん、ファンにはたまらないんだろうなぁ・・・。


ボーっとした顔をしておりますが、大興奮のムスコ。
「でんちゃ(電車)!ぽっぽ(機関車)!」と100回くらい繰り返しておりました・・・。

蒸気機関車館は、広い公園内にあります。
もう少し暖かくなれば、お弁当をもって出かけるのに良さそうでした。
特に電車好きのお子さんがおられるご家庭にはおススメです☆

ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓


JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

はじめてのロングライド

↑ ↑ ↑

いつも応援ありがとうございます☆
今日もポチッとご協力お願いします!

今日は久しぶりの完全オフ。

たまの休日なので、自転車で遠くまで行きたいワタクシでしたが、
たまの休日に、家族を置いて出かけるということに妻と子供から非難ゴウゴウ。

というわけで、遠くの目的地までワタクシは自転車、妻と子供はクルマで行き、
現地で集合して遊ぶ、というところに落ち着きまして、行ってきました。
本格的に自転車に乗り始めて早3ヶ月。初めてのロングライドです。

目的地は「丹波自然公園」。
我が家からは大きく分けて2つのルートがありますが、今日はその内の「峠越え」コースで行ってきました。

鷹ヶ峰の坂を上がっていったところにあるホテル然林房。
旅のスタート地点ですが、既にここにたどり着くまでの坂で息も絶えだえ・・・。↓

ここから、いきなりこのルート一番の難所に入ります。
難所「京見峠」の坂の入り口↓

延々と続く、坂&坂&坂・・・↓
京見峠は京都の自転車乗りさんたちの名所で、タイムトライアルなんかもさかんに行われておりますが、
上りきるまで平坦な部分がほとんどありません。脚も息も休む暇がなく、非常にツライ。
ちなみに、速い人はこの坂を10分で上がるそうです。


・・・え?僕ですか?
まぁほんの2.5倍くらいでしたよ。

今回のロングライドには先週購入したばかりの心拍計を装備していきましたが、
心拍数はドンドン上がり、ついに180オーバー。これ以上になると危険な感じでしたので、
自転車を押しつつ休み休み上がりました。

さすがに眺めは良いです↓

峠を越えると下り坂。
8月に自転車を始めたワタクシですが、まだ半袖・短パンしか持っておりません。
今日は天気がいいので大丈夫かと油断しておりましたが、下り道は凍えそうに寒かったです。

京見峠を越えると、後は目的地までそれほど強烈な坂はありません。
ゆっくりのんびり進みます。
京北町の田園風景↓
このあたりは道も平坦で日当たりもよく、すごく快適でした。

京北町はまだ京都市。
南丹市に入り、日吉ダムに抜けます↓

以前、お客さまのYさんから頂いた自転車マップに載っていた日吉ダム。
道も広く、景色も良いのでテンションも上がります。

意外と巨大な日吉ダム↓
治水目的なのか発電目的なのかさっぱりわかりませんでしたが・・・。
もし今なら計画中止になってますな。

ついにやってきました京丹波町!

途中でゴルフコースに挟まれる道。
今日は沢山の方がゴルフしてました。

2時間30分の道のりを越え、ついにとうちゃーく!↓
体力的にはまだまだ余裕☆

歩いたり走ったりするのとは違い、自転車は下り坂で進みながら休めるところが大きいなと思いました。
今回は片道50kmほどでしたが、ゆっくり走ったこともあり、ほとんど休憩無しで走り切ることが
できました。

それにしても、秋のサイクリング、かなりおススメです。


今日の走行データ
走行時間:2時間57分59秒
走行距離:59.19km
平均速度:時速19.9km
※帰り道はズルして家の近くまでクルマで帰りました。


ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓

チャリンコで巡る京都 土地探し編

↑ ↑ ↑

いつも応援ありがとうございます☆
今日もポチッとご協力お願いします!

現場監督から営業になり、土日は基本的に仕事日となっております。
と、いうわけで今日は久しぶりのお休みをもらったのですが、家でじっとしているのもなんでしたので
趣味と実益を兼ねて伏見まで土地を探しに行ってきました。

・・・自転車で。


いや〜、楽しかったです(笑)
今日は昼間でしたから、いつもの早朝とは違って交通量が多く、排気ガスに辟易しましたが・・・。、

今日は事前に5〜6箇所ピックアップしておいた土地を中心に見て回りましたが、
土地と言うものは一長一短あって、なかなか「コレ!」というのが悩ましいところ。
それぞれに個性があって面白いんですけどね。

疎水に面した敷地↓
ウォーターフロントとはいえ、疎水もこの辺まで下ってくると水の透明度が無いので
イマイチお奨めできない感じ。

大亀谷の坂を上がっていったところにある敷地↓
前が公園で、車どおりも少なく、とても良い環境ですが、ちと駅からは遠いのが難点。


街中は、車も人の往来も結構あるので、少し落ち着かない感じ↓
でも、スーパーまで徒歩30秒なのはすごく便利☆
冷蔵庫は小さいので大丈夫ですね(笑)

見晴らしの良い高台は、開放感がありますが、坂道の上り下りが大変↓

自転車だと敷地周辺の様子を肌で感じられるのが良かったです。商店街の様子や駅との距離、
車どおりからどれくらい離れているのか、学校への通いやすさや距離はどれくらいかなどという情報は
車を運転していても実感が湧きにくいですよね。

走っていると結構空き地も見つかります↓
広い!

土地は縁のもの。いい物件が見つかるまで頑張りたいと思います。

本日の走行距離:48.2km

ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓
JUGEMテーマ:住宅

<< | 2/6PAGES | >>

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM