杉の木で家をつくる 後篇

JUGEMテーマ:住宅

↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


大変長らくお待たせしましたホントスミマセン…。
ようやく後編です。

これまでのベイマツを構造材に使用した家から、杉を使った家へのシフトチェンジには、
どんな理由があるのでしょうか?
P1050017.jpg
まず、大きな流れとしては、住宅業界を取り巻く社会状況の変化があります。
これまで国産材を使用する家づくりは、ごく一部の工務店やビルダーが単独で、あるいは数社単位で
取り組む草の根的な運動でした。

しかし、数年前から、長期優良住宅の先導事業などを通じて、国産材を使用した家づくりを
国が大々的に支援する動きがあり、それを火種として国産材への回帰が広がりつつありました。
(住暮楽自体もその一環で構造材にヒノキを用いたいくつかの家を建てさせて頂きました)

その動きをさらに加速させたのは昨年の大地震で、地震後の建材市場の混乱に対する反省と、
原発事故などの影響による消費者の省エネルギー志向の高まりにより、安定供給が可能で、
船などによる輸送(エネルギー)を必要としない国産材の価値が改めて見直されたのです。

今年は先導モデルではない、一般的な長期優良住宅の補助事業に、国産材の積極利用が条件と
して盛り込まれ、その動きはますます加速する流れにあります。
P1050018.jpg
住暮楽内部の状況として、全棟構造計算が定着し、今年度から全棟制振ダンパーを採
用することも決定しました。そのため、構造的な強度と見た目の美しさの共存を、これまで
より積極的に求めていける態勢が整いつつあります。

また、最終形がどうなるかはまだ今の時点で未知数ですが、杉の家と言っても当面は、
ハイブリッドを目指す予定です。すなわち、外周部は相変わらずベイマツ。内部の大梁は
ヒノキ、そして荷重のかからない部分に杉という使い分けをしていこうかなと。
つまりは、「適材適所」というわけですね

構造的に強く、価格は手ごろで、でもすこぶる美しく。
より満足度の高い家づくりを目指して、試行錯誤の日々は続いていくのです…。

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM