秋山設計道場 in 鹿児島 2012

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


今週、久しぶりに鹿児島で開催された秋山設計道場に参加させて頂きました。

1年ぶりに拝見したシンケンさんの家↓ 
とても格好いいです。シンケンさんの家は、毎年進化し続けるところが凄い
素晴らしい魅力的な家ですが、同業者である私にとっては非常に挑発的でもあります。

「こんな家、どうだい?建てられるかい?」

仕事のスケジュール調整は大変でしたが、これを見ておかないと後悔するだろうなと。
実際、参考になる部分も多くありましたし、それ以上に大きな刺激を受けて帰ってきたのでした
P1040343.jpg
今回は参加者が50人を超えていたので、屋内は人が多すぎてまともに写真が撮れません

最近のシンケンさんは25坪前後の家づくりを推奨されているようで、以前よりも小さな家が目立ちました。

一昨年くらいは高さのコントロール(ぐっと低くした天井や手すりなど)に力を入れておられる感じでしたが、
そちらはマスターされて、次のフェイズへ移行されているようです ん〜、進化が速い…。

建築面積自体は小さくして、様々な工夫によって広く感じさせるのは住暮楽が目指すトコロでもありますので、
取り組まれている試みはとても参考になりました
P1040348.jpg
2日目は恒例の即日設計。1日で家のプランを練り、図面を描き上げて発表するのですが、
今回の課題は家ではなく、シンケンさんの新しい家具工場のプラン。

難しい課題でしたが、最優秀賞には椅子が贈呈されるとあって、熱気はいつもより5割増し!?
私は、飛行機の都合で残念ながら最後まで参加できなかったのですが、最優秀賞はコスモホームの
森井さんが獲得されたそうです。森井さん、凄い! いいなー、椅子!

個人的に一番印象的だったのは、秋山先生の「余地を残す」というプラン。
広い敷地に、コアとなる真四角の建物をまず計画しておいて、その後の変化に応じて建て増しに
対応しやすくするという構想だったのですが、「後の変化に委ねる」という発想は、私には
持ち得ないものでした。

確かに、物作りの工場はビジネスの状況に応じて拡大する必要があるので、現在必要とされている条件は、
将来変化する可能性があるんですよね…。

未来像を含めて設計するという発想を得られたことが、今回の最も大きな収穫でした
P1040402.jpg
相変わらずタフな2日間で、体はボロボロですが、頭は刺激を受けて意欲がムクムク湧き出ています。
さぁ、頑張るぞー!

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓



コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/03/12 3:40 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM