ポンポン山

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


先週末は久しぶりにOFF、ということで京都と大阪の境にあるポンポン山に登ってきました。

京都か大阪に在住の方以外は聞きなれない名前だと思いますが、ポンポン山は俗称ではなく、正式名称です
なんでも頂上で四股を踏むと「ポンポン」音が鳴ったという言い伝えからこの名が付いたそうですが、

実際にはそんな音は鳴りません。

標高は678.9メートル。ろく・なな・はち・きゅう…。
名前の由来と言い、不自然なまでに語呂の良い標高と言い、何とも胡散臭い山のように
思われるかもしれませんが、大阪(高槻市)と京都の両側から登ることができる上、
頂上の景色がきれいで、途中の登山道も色々と変化に富んでいるので、子供連れのハイキング
をするにはとっても良い山なのです。
P1030254.jpg
京都側からは、西京区の善峰寺から登っていきます。
善峰寺が、すでに山の上のお寺なんですが、そこまではマイカーかバスで移動。
自転車に乗る人にはヒルクライムのコースにもなっていますが、斜度も距離もあるので、
かなりきついと思います。

善峰寺からは、アスファルトの舗装路が続きますが、杉谷という集落から登山道へと入ると
杉と桧に囲まれた林道になり、急に風景が変わります(上の写真)。

沢の横は、空気がピーンと冷たくなっていて、今の季節は少し寒いくらい。
夏は涼しくて良いでしょうね
P1030258.jpg
森はうっそうとしていますが、6合目くらいで尾根に着き、視界がパッと開きます。
この日の空は、抜けるような青さ。

道は比較的緩やかで、平地や下り坂も多く、ゆったりと登って行けます。
小学1年生の娘は、先に登っては下りてきて、また先に登る…ということを繰り返して
いたので、結果的に1.5倍くらいの距離を歩いていました
P1030270.jpg
3歳の息子がすぐに抱っこをねだるので、なだめたりすかしたりしながら2時間半ほどで
ようやく頂上に到着〜〜。

頂上は高木がないので、かなり遠くまで見渡すことができます。
名称未設定_パノラマ1.jpg
頂上到達記念。息子のポンポン山が見えてます。↓
三角点が微妙に高いんですが、これでコンマ何メートルの部分を調整しているんだな〜、と勝手に理解。

「678メートルやから、コンマ9にしようや!」って大阪人がきっと言い出したに違いない(笑)
P1030283.jpg
半日で十分登れますので、ご家族連れの方にもおススメです。
頂上では、ぜひ四股を踏んでみてくださいね

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM