縁の下の…

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


先日、行った床下断熱工事の施工直後の様子↓

断熱材は、もちろんセルロースファイバー。
この上に合板で蓋をしてから床板を貼っていきます。
P1030106.jpg
セルロースファイバーは古新聞から再生して作られるので「紙」っぽいイメージがありますが、
触った感じはどちらかと言えば綿くずのような感じです。

それもそのはず、綿も紙も「木の繊維=セルロースファイバー」によって作られているので、
繊維一本一本まで分解すると、さほど違いはありません。

10cmの分厚い綿布団が床下一面に隙間なく敷き詰められていると思うと、何故セルロースファイバーの
断熱効果が高いのか、想像できるような気がしますね

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM