エコスカイルーフ

JUGEMテーマ:住宅
 

↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


今日は、左京区・Iさんの家のエコスカイルーフを設置しました。
エコスカイルーフは、発電と同時にOMソーラーの集熱が可能な太陽光発電パネルです。

取り付け前の下作業中↓
DSC_5029.JPG
屋根の上の作業は、雨が降ると足元が滑りやすくなるので出来ません。
なので、天気が良いに越したことはないのですが、今日は天気が良過ぎました…

立っているだけでもクラクラ来てしまいそうな陽気で、屋根の上の気温は35〜40度くらい。
鉄板の温度は恐らく50〜60度くらい。靴底のゴムを通して熱が伝わってくる程の熱さでした
DSC_5059.JPG
住暮楽ではエコスカイルーフの使用が初めてだったため、販売会社である菱重エステートさんから、
技術者の方が2名来て下さいました。
取り付け方法について、大工さんに細かく指示をされている様子↓

屋根の上に取り付けられたアルミのレールでソーラーパネルを持ち上げ、板金とパネルの間に空気層を作ります。
OMの空気はそこを通って温められるのです。
DSC_5048.JPG
あらかじめパネルと同じ大きさで作った木製冶具を使用し、取付金具の位置と水平垂直を出します↓

事前に、チョークで基準線を引いているので、それに合わせて取り付ければ良いものではあるのですが、
Fale safeと言いましょうか、Fool proofと言いましょうか、初心者でも間違えない施工法です。
今日のように猛暑の日には少々まどろっこしいやり方ではありますが…
DSC_5056.JPG
結局下準備が昼過ぎまでかかり、パネルを載せ始めたのは午後2時ごろ。
気温が上がって屋根が熱い!!取り付けには電気屋の岡田さんも参加しています。
DSC_5066.JPG
ちなみに、パネルの裏には、MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIALのロゴが↓
(菱重エステートさんは三菱重工の子会社で、パネル自体は三菱重工製です)
DSC_5063.JPG
やっとの思いで、一列(5枚)のパネルを設置↓
最初の頃は元気だった面々も、このころにはほぼ無言で作業(笑)。

そして2列目も!
後は、固定用の金物を取り付けて作業完了です。
暑い中お疲れ様でした〜〜

OMのガラスに加えて、10枚のソーラーパネルが設置されると、流石に圧巻です。
DSC_5083.JPG
太陽光パネルはパネルの温度が高すぎる場合、熱ダレといって、発電効率が下がってしまいます。
エコスカイルーフは、OMが排熱してくれるので、真夏の炎天下でも発電効率が下がらないところも強みです。

コストの面だけがネックですが、品質は折り紙つき
ぜひぜひエコスカイルーフで「電気ちょこっと、これからの家」を実践していきましょう

今日もポチッとご協力を!!
↓ ↓ ↓

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM