セカンドカメラ

JUGEMテーマ:住宅  


↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


6年前に買って、大事に使っていたコンパクトデジカメがついに寿命を迎え、
電池カバーが取れ、液晶のバックライトが壊れてしまいました。

修理費は当然のように「新品買った方がいいですよ」コース。
デジカメ、パソコンなどは最近全てコレですね。

やむなく一眼レフをどこまでも持って行っておりましたが、出張がツライ。
大きいし、嵩張るし、重いし、扱いに気を使うし…。
怒涛の連続出張に耐えきれず、とうとう新しいセカンドカメラを購入することにしました。

リコーのGX200、GXR、ニコンのP7000と悩んだ結果、パナソニックのLX−5に決定。
サイズ・性能・デザイン共に気に入っておりますが、気になっていたのがレンズキャップ。

例えばGX200だと自動開閉式レンズキャップなるものがあり、いちいちキャップを外さなくても
電源のON・OFFだけで撮影が可能なのですが、LX−5の純正キャップはいちいち手で外す必要があります。
そのため、よくキャップをはめたまま写真を撮ろうとして、カメラに怒られるのです。

一眼はともかく、コンパクトカメラは扱いが手軽であることが前提でしたので、
どうしたものかとネットで調べたところ、どうやらGXR用のレンズキャップに少し
手を加えただけで、LX−5に取り付けられることが分かりました。

早速Amazonでポチっとして、届いたものがコレ↓
P1000157.JPG
キャップの裏側↓
要するに周囲のツメが邪魔になるので、この部分をカッターでせっせと削ってやります。
DSC_0014.JPG
15分ほどで作業完了〜。
ツメ3カ所と、小さな突起1箇所を削りました。
大きめの突起が1箇所が残っておりますが、無視しても取り付けられました。

写真ではわかりませんが、わざと奥だけ少しツメを残して、取りつけた時に「かえし」としてひっ掛るようにしてます。
DSC_0015.JPG
レンズリングフロントを外して…。
(手回しで反時計回りにすると外せます。)
DSC_0012.JPG
カポッとはめ込みます。
すごい!ジャストサイズ!!
DSC_0019.JPG
電源を入れるとこんな感じ↓
たったこれだけですが、凄く便利!
DSC_0023.JPG
これで咄嗟の時もOK!
もっぱら家を撮るので、咄嗟の時ってあんまりありませんけど

あとはケースだ…。
LX−5用の純正ケースは1万円近くするため、良い代替品を探し中。
皮の加工技術を習いに行こうかと、半ば本気で考えたり…。

それにしても、商品の開発競争は凄いですが、修理については各社横並びですよね…。
↓ ↓ ↓



コメント
先日は山梨までお越しいただきありがとうございました。ブログの写真が素晴らしいので写真の講師をお願いしようと社内で話していたほどです。
私もカメラの買い替えを検討して第一候補がLX−5だったのですが、レンズキャップの取り外しが難点だと思っておりましたので今回、良い方法を教えていただきました。ついでにケースもお願いします(笑)。
  • yamaguchi
  • 2010/10/12 5:43 PM
>山口社長
こちらこそ、ありがとうございました!
山口社長のOMに対する情熱に触れ、京都に帰ってからも
お客さまへのアピールに熱が入っております。

LX−5はまだ未購入でしたら、ケース付きで4万円前後というものが時々あるみたいです。
サードパーティではなかなか良いものが無いようですから、安く手に入るなら純正が良いかと思います。

私はその波に乗り損ないましたので、地道に代替品を探します…。
  • たまご
  • 2010/10/12 6:40 PM
キャップの加工・・・まめですね(笑

なかなか良いケースって少ないですよね。

皮の技術を習得されたら、私にも教えて下さい。
>さぬきのOさん
至高のケースを探し中ですが、とりあえずのつなぎに
AmazonでNational Geographicのカメラポーチをポチしました。

それはそれで届くのが楽しみだったり(笑)
  • たまご
  • 2010/10/14 6:18 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM