続々

JUGEMテーマ:住宅

   

↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます!


今月から、続けて何件かの家の工事が新たに始まります。

こちらは、基礎工事が始まった大津市・Kさんの家↓
数日前に地盤改良の工事が終わり、今日から地業が始まっています。

地業はちぎょうと読みます。
基礎工事のメインは、言うまでもなく鉄筋コンクリートの部分ですが、
地業はその前段階の工程を総称した言葉です。

一般的に、更地の土地から土をすき取り、割栗石や砕石を敷き詰めて突き固めを行い、
レベルコンクリート(捨てコン)を打設するまでを指します。

下の写真ではすきとりが終わり、クラッシャー(砕石)を撒いているところです。

砕石は、英語で言うところの「クラッシャー」なのですが、この業界では全く別の物として扱われています。

「クラッシャー」は、砕石に目潰しの砂が混じった物で、ギュッと締め固めることができます。
一方「砕石」は砂を取り除いた物を指します。石と石の間に空隙が出来るため、突き固めることができません。
(ある程度は固まりますが、ゴロゴロしてしまいます。)

このため、クラッシャーは、基礎の下部で地盤の表面を整えるには好都合。
砕石は、工事中に泥を床上に上げない目的で、住暮楽では家の周りに撒きます。

ただ、「本来同じ意味の言葉を全く別の意味で使うなんて、おかしい!!」とはクラさんの弁。
確英語の得意な人には、確かにちょっと紛らわしいですね。

でも、似て非なるものを器用に呼び分けたものだとも思います。
今さら他の言葉で呼びにくいですし

現場ではこのあとレベルコンクリートまで打設し終わったそうです。お疲れさま〜〜!
続々と現場が始まり、住暮楽の現場は活況を呈してきております…。

ブログランキングに参加中です。
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お知らせ

<長期優良住宅>上京区・Tさんの家 構造見学会
2010年7月31日(土) 10:00〜16:00

住み心地の良い家は、プランニングや材料の質感だけでは決まりません。
安全のための構造的な工夫、セルロースファイバーの断熱など、目に触れない部分に
何を使われているかが大切です。

長期優良住宅仕様でさらにパワーアップした住暮楽の家づくりを、どうかご覧ください。


「雑木林の家」 大津市・N邸 完成見学会
2010年8月7日(土)、8日(日) 10:00〜16:00


詳しくはコチラをご覧下さい。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM