Make a desk

↑ ↑ ↑

いつも応援ありがとうございます☆
10
今日もポチッとご協力お願いします!

今日は向日市のWさんのお宅で、机を作ってきました。
3年半前に完成したWさんのおうち。当時はまだ幼稚園にも行っていなかったお兄ちゃんが、
今年いよいよ小学校に入学されるということで、勉強机を作らせていただくことになったのです。

もともと、日曜大工のお得意なWさんの旦那さんですが、今回はモノが大きく、1人では組み立て
も大変です。というわけで、私と峠さんの2人で取り付けさせていただきました。

まずは天板の受け材を取り付けます。
材料は、住暮楽の倉庫に転がっていたヒノキの角材。カンナをかけると見違えるほど綺麗に。

ちゃちゃっと取り付け完了。
この時点では、まだミスに気づいていない私。

続いて、天板。
寸法通りに切ると共に、ワンポイントアクセント。端部をテーパー状に切り落とします↓
丸ノコって、刃を倒して、斜めカットできるんです。知ってました?

切断完了〜。流石峠さん、お上手。ちなみに、天板はJパネルのヒノキです。

天板を先ほどの受け材に載せてみて、やっとミスに気づく私。机が高い!!

普通の机の高さは70センチ丁度なのをご存知でしょうか?
今回の机の脚は、WさんがIKEAで購入された既製品だったのですが、その長さが70センチ。
つまり、天板を載せると、その厚み分高くなってしまうのです。

Jパネルの厚みは3センチ6ミリ。たかだか4センチ程度ですが、見た目でわかる程に高く感じられます。
家具の寸法ってシビアだ・・・。

脚を切り、受け材を厚み分下げて見ると、やっぱり落ち着く高さになりました。↓

続いて、2枚目の天板も取り付け。うん、いい感じ。

机に続いて、棚板を取り付け。棚板は厚さ25ミリのパイン集成板です。

最後に、机の奥に配線を通すための穴を開けます。

組み立て完了〜!
ちなみに、机と棚の寸法は、住暮楽の事務所と全く同じです(笑)。どうりで落ち着くと思った(笑)。
後日、棚の下に手元灯を取り付けて完成になります。

当初はお子さん2人分の机ということで、半分の長さの計画でしたが、
せっかくですから、ご家族全員で使えるようにと、壁一面の机と棚を提案させていただきました。
提案を快く受け入れてくださり、ありがとうございました。

室内の雰囲気を崩さず、いい感じに納まり、ホッとしております。

机の端部がテーパー加工されて薄く見えるため、軽やかでスマートな印象を受けます。↓
ちょっとした工夫が生む効果、写真から伝わりますか?

ご家族の成長と共に、家も少しずつ成長していきます。

お兄ちゃんが、この机に1人で向かって勉強できるようになるには、まだ時間がかかるかも知れませんが、
ご家族がここに集い、新たな団欒が生み出されていくことを願っています・・・☆

ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓


JUGEMテーマ:住宅

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM