浮作り

↑ ↑ ↑

いつも応援ありがとうございます☆
今日もポチッとご協力お願いします!

丸福さんに頼まれていた杉板の鍋敷きができあがりました。
秋が深まり、冬が近づくと鍋焼きうどんの注文が増えるのですが、その鍋の下に敷くのだそうです。

上の写真で、板の木目が盛り上がり、表面が少しデコボコしているのがわかりますでしょうか?
実はこの板、浮作り(うづくり)という加工が施されています。

木は夏と冬で成長スピードが違います。夏に大きく伸びて冬はゆっくりになるのですが、
夏の部分(夏目)は白く、やわらかいのに対し、冬の部分(冬目)は赤く、硬くなります。

浮作りは、板の表面を砂などで磨くことで、柔らかな夏目の部分をえぐり取り、
硬い冬目の部分を浮き上がらせるようにするのです。
今回、浮作りにする予定はありませんでしたが、作ってくれた大工の磯部さんが
自主的に金ブラシでこすって浮作り風に仕上げて下さったのでした。


今回は無料でサービスさせていただく代わりに裏にこっそりと住暮楽の焼印↓
丸福さんは「住暮楽」の字を表にして出します!!とおっしゃって下さいましたが、
丁重にお断りいたしました・・・(笑)。


京と駅周辺のお昼は丸福さんで鍋焼きうどんを!

ブログランキングに参加中です☆
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM