ガソリンスタンドが消える

 馴染みのガソリンスタンドが店を閉じることになった。理由を聞いてみると、地下の貯油槽は行政の指導によって25年毎に更新を義務付けられているんだそうです。それでその更新時期が来たので廃業を決意したと言うことです。

 その貯油槽は行政によって事細かに仕様が決まっていて、しかもバイオエタノールへの転換もにらんでいるので1基につき6千万するんだそうです。ハイオク、レギュラー、ディーゼルと最低3ついるので、タンクだけで1億8千万、その他諸々の経費を含めると、ざっと2億の金がないと設備更新ができないということです。

 2億円ねえ、、、そらやめるやろな。
 
 この国のお役人の決めることはどこか変ですね。我々建築業界は、例の姉歯建築士の強度偽装事件を経て、建築確認が途方もない難事業になった。そのために昨年は日本のGNPがコンマ何パーセントか下がったぐらい。建築確認書類は30坪の木造の家一軒建てるのに、A4の用紙が厚みにして1.5センチくらいの書類を提出させられる羽目に陥った。そして確認費用も、跳ね上がりました。

 今後はガソリンスタンドは個人の独立資本による経営はますます難しくなって、ディーラーの直営店だけが生き残っていくだろうとのことでした。

 住宅は既にハウスメーカーの独壇場になって久しいので何とも思わないが、これからはガソリンスタンドのようなものまでが中央の大資本が商売を独占することになるかと思うと面白くないですねえ。
 
 
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
 出光興産は11日、7月後半出荷分のガソリンなど石油製品の卸値を同月前半に比べ1リットルあたり4・4円値上げすると発表した。原油価格高騰に伴い調達コストが増加したためで、7月全体の上げ幅は11・7円となる。月単位で卸値を見直す新日本石油やジャパンエナ
  • Newsブログ検索結果BLOG
  • 2008/07/27 9:18 AM

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM