京都の木ネットワーク 「I邸構造見学会」



先日、比叡平にて京都の木ネットワークの主催による家の見学会が催されました。
この家はほぼ100%花背の木を使っており、12mの地棟やごろんぼの梁が
使われているということで、私も勉強のために参加させて頂きました。

写真の左側から中央右寄りに渡されている丸太が「地棟」です。
家の端から端まで一直線に通った横架材で、屋根の加重を一手に支えています。
材種は松です。

庇もこの通り。
支えている柱は栗。荒く削ったような仕上げは「なぐり」と呼ばれます。


構造材だけでなく、床板や壁、床の間周りなどなど、木という木はほとんどが
花背製材所で製材されたものだそうです。
コスト的には通常の木造住宅より材料費がかさんだそうですが、
その分仕上がりは素晴らしかったです。

このネットワークの集まりに参加するといつも感じることですが、
国産材には独特の良さがあります。
それは言葉で説明のしにくいものですが、実物を目の前にすると
五感に直接訴えかけてくるものです。

良いものは良い。
いずれ国産材の価値が見直されることを確信した見学会でした。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
いつも応援ありがとうございます!
当ブログは人気ブログランキングに参加しておりますので、
励ましのワンクリックにご協力願います★

投票は、こちらのボタンです。 ⇒ 

ランキングの画面になればOKです♪
ご協力ありがとうございました!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM