Liuteria TAKADAさん

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


京都市中京区西ノ京にある弦楽器工房・Liuteria TAKADAさんで外構のプチリフォームを行いました。
P1100702.jpg
作業の合間に工房で説明を聞く造園の浅見くん↓

浅見くんは元々ギター製作の職人を志望していたこともあり、とても興味深そう。

代表の高田博史さんはまだ30台前半ですがイタリア、クレモナのアントニオ・ストラディバリ
国際製作コンクールでディプロマを取得されている気鋭の若手職人です。
とても気さくで話しやすい、絵にかいたような好青年
P1100694.jpg
私はヴァイオリンそのものより、工房や製作台、道具の方に興味があります↓
今は普通の住宅をとりあえず工房として使用できるよう、簡単な改装をされただけなので、
いずれ全面的な改装をされる予定。めちゃめちゃ楽しそうな仕事です

高田さんは、依頼の多い修理などをこなしながら、コツコツと新しいヴァイオリンの製作を
されていますが、1つ完成させるのに3〜4ヶ月かかるそうで、新規で製作できるのは
年間3本くらいなのだそうです。
P1100696.jpg
天井から吊り下げられたいくつものヴァイオリン↓
子供用の小さなものもあります。
P1100698.jpg
こちらはチェロ?コントラバス?↓
Liuteriaはイタリア語で弦楽器屋さん、あるいは弦楽器の製作所という意味だそうで、
高田さんもヴァイオリンだけではなく、弦楽器全般の修理や製作をされるそうです。

塗装屋の今井さんが作業中↓
例年、梅雨時は塗装作業の依頼が減るそうですが、今年は大忙しだそうです。
「消費税増税の影響かなぁ?来年が怖いわ〜〜」とのこと。右に同じです
P1100704.jpg
工事終盤、玄関先の坪庭完成〜↓
今回はジューンベリーをメインに、いつものナチュラルスタイルでお庭づくりをさせて頂きました。

ジューンベリーは、当ブログでもこれまで何度も登場しておりますが、あまり大きくならず、
春先に小さな白い花が咲き、6月頃に食べられる実が生り、秋には見事に紅葉することから、
小さくても季節感を感じさせてくれるので、小さな庭にはぴったり。
P1100700.jpg
工事は無事終了!
リフォーム特有の「想定外のトラブル」も多少ありましたが、職人さんたちが機敏に
対応して下さったお陰でスムーズに作業を進めることが出来ました。(日下さんありがと〜!)

きちんと作られた楽器は高いですが、その後ほとんど値が落ちないそうです。
我々も分野は違いますが、建てた家がずっと価値を保ち続けられるよう、丁寧な仕事を
心掛けたいと思います。

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/02/25 11:23 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/10/12 12:46 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM