設計道場 in 軽井沢

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


先週は、月に1度の秋山設計道場が開催されました。

今回の会場は軽井沢!
仕事があまりに忙しかったので、行くかどうか迷いましたが、見学できる場所があまりに
魅力的だったため、無理やり予定を空けて行くことに…。

「三笠の山荘」↓
P1100566.jpg
今回、特別講師を務めて下さったのは、益子義弘先生。
東京芸術大学の教授を長年務められた建築家で、吉村順三の流れを汲む建築家であること
から奥村昭雄先生、引いてはOMとの関わりも深い方です。

秋山先生にとっては、芸大時代の2つ上の先輩なのだそうです。
P1100578.jpg
私が勝手に抱いていた先生の作風は、自然で奇を衒うことがない、まっすぐな建築。
丹精に納められたディテールから、芸術家肌と申しましょうか、建築に厳しいタイプの
先生を想像していましたが、実際はとても優しく、穏やかな方でした。

実際に建物やその中の空間を体験して印象に残ったのは、随所に込められた気遣いや優しさでした。
写真を通して感じられることは、当てになりませんね
P1100568.jpg
P1100581.jpg
憧れの吉村順三「軽井沢の山荘」↓
私は個人的にこの建物がすごく好きで、1冊にこの建物のことだけを集めた本も持っています。
その後も時折パラパラと眺めていたので、感激もひとしお。

今回は外観のみの見学でしたが、いつか中を拝見したいなぁ〜〜。
P1100628.jpg
アントニン・レーモンド「夏の家」↓
こちらも名作ですが、現在は美術館として使われていて、建築本来の良さは大部分が
失われている感じでした。建物を残すためには用途が必要ではありますが、用途が
建物に合っていないと不幸な結果を招く…なんとも難しい問題です。
P1100645.jpg
池の向こうにヴォーリスの設計した別荘↓
昔の火曜サスペンスに出てきそうな古い洋館でした。
ヴォーリスまでさかのぼってしまうと、建築的に目指している方向が全然違うので、
参考にはならないです
P1100650.jpg
再び益子先生の「南が丘の山荘」↓
P1100667.jpg
いつにも増して濃ゆい内容で、片時もメジャーとカメラが離せませんでしたが、
大変勉強になりました。

とても良いインスピレーションが得られた部分もあり、今後の仕事に生かしていきたいと思います。

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM