NEW三脚

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


少し前まで使用していた三脚がついに限界を迎えたため、新調しました。

マンフロットの055XPROBとギア付ジュニア雲台410です。イタリー製!!
まぁ、私はメイドインジャパン信者なので、イタリア製はむしろマイナスポイントなんですケド。

脚と雲台は別売りで、それぞれ2万円近くします
今までのが3000円くらいの三脚だったので、落差がすごいです。
これまではレンズの重みに負けて、気を抜くと撮影中にスーッと下を向いていましたから、
言わば、お話にならないレベルだったのですが…。

だましだまし使っていたところ、先日ついに爪が劣化して折れてしまったのです
重さに負けないよう、常にフルパワーでギュッとネジを締めてましたからね…。
DSC_4363.jpg
雲台はこんな感じ↓
どのあたりが「ジュニア」なんだという巨大さ。

建築の写真を撮る時は広角レンズを使用するため、カメラを水平・垂直に構えていないと
周辺が激しく歪んだ写真になってしまいます。
そこで、ギアによってコンマ数ミリの調節が容易にできるギア雲台は、必須のツールとも
言えます。
DSC_4362.jpg
カメラ装着!びくともしない安定感↓

私の使っているD80という一眼レフは、現行の後継機D7100から数えると、
3代前(D80→D90→D7000→D7100)に当たり、高感度撮影に弱い
(ノイズが入る)ので、低感度でシャッタースピードを遅くして撮影する必要があります。
シャッタースピードが遅いと手ぶれの原因になるため、しっかりとした土台=三脚が必要になる、
というわけなのです。

早い話、機能面で劣る部分を三脚でカバーしないといけないのですね
でも、弱点さえ理解してカバーしてやれば、まだまだ良い絵が撮れるのであります。

ちなみに、D80の後継機・D90は「名機」の誉れ高く、現在でもユーザーが多くおられますが、
それでもネットではダイナソー(恐竜)呼ばわりされています。

D90がダイナソーだったら、D80は…三葉虫? 失礼なっ
P1100498.jpg
ちなみに、必要だったのはギア雲台で、三脚は丈夫で安定していればなんでも良かったんですが、
同じマンフロットで揃えたのは、こんな使い方ができるからです↓

元々は、テーブルの上などに乗せた商品にカメラを近づけて撮影するための機構。
でも、建築では、室内で撮影するとき、壁にカメラの背をぴったりと付けて撮影するのに使えます。
P1100499.jpg
良い写真を撮ることも、大切な仕事の一つ。
新しいツールで、良い家の写真を沢山撮って、皆さんにお伝えしていきたいと思います。

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM