スタンドライトとデスクライト

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


完成見学会での展示用に注文していたスタンドライトとデスクライトが届きました。
DSC_3395.jpg
アルネ・ヤコブセンという照明や家具デザインの巨匠の作で、AJランプといいます。
照明としては非常に有名な作品の1つですが、建築家の伊礼さんの設計された家で頻繁に使われている
のを雑誌で見ていた私は、当初、伊礼さんのデザインされたオリジナルの照明だと勘違いしてました

いやー、勘違いって恐いです どこかで恥をかく前に気付いてよかったですけど(笑)
でも、そんな勘違いをするほどに、伊礼さんの設計された家にとてもよく馴染んでいて、
憧れていた照明の1つなのです。
DSC_3396.jpg
とはいえ、正規品はどちらも10万円近くするので、おいそれとは手が出せません。
というわけで、今回はリプロダクト品(ありていに言いますと、パチモノです)でお茶を濁しました
(というより、照明に20万円も出すのはブランド趣味に過ぎるかと…。)

それはさておき、来週見学会が行われるKさんの家には、いい位置に書斎の机とソファがあるので、
この照明がとても良いアクセントになってくれるんじゃないかと期待してます。

墨色の和紙が壁に使われた和室や、住暮楽オリジナル家具では初の円卓など、他にも見どころが
沢山ある家ですので、どうぞお楽しみに〜〜

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

MY BOBI

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


昨年末に購入したにも関わらず、ずっと取り付ける暇がなかった我が家のポスト。
先日、ようやく設置出来ました

憧れのBOBIでしたが、たっぷりとした大きさと可愛らしいデザインに満足

お値段があまりにも高いので、ポストなんかにこんな出費…という気持ちと、
他に気に入る物が無いし…という気持ちのはざまで揺れに揺れ動いておりましたが、
取り付けてみるとしっくり納まって、これにして良かった!という感じでした。
DSC_3041.jpg
最近、住暮楽の他の家でもBOBI増殖中

ウチのは手紙や新聞を前から入れて、前から取り出す方式ですが、おススメは前入れ・後ろ出し
タイプ(BON BOBIといいます)を木塀に埋め込むスタイル↓

BOBIは専用ポールも馬鹿にならない値段なので、ポール代を省きつつ、見た感じも
スッキリしていて、尚且つ使いやすいという一石三鳥


玄関は、家の顔となる場所。ワンポイントにいかがでしょう?
取り付けのご相談や、玄関先のプチリフォームはぜひ住暮楽へ!

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

倉庫見学

JUGEMテーマ:住宅
 


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます



私、工務店で働くようになって何にびっくりしたって、
「ここに机がほしい
と言ったらもぅ次の日にはあったりすることですよね
なんて便利なんやと衝撃受けました

てなわけで今日は倉庫を見学
とうげさーん、家具作ってるところみせてくださぁーい
IMG_4060.jpg
まず、よいしょとおろしてくれたのがこちらの机
この机はJパネルやったりタモやったり栂やったりと
いろーんな木が使われてできてるんです
いろんな角度からみたら、色がちがったり模様がちがったりと、
表情がいろいろあって楽しいですよ
IMG_5249.jpg
お子様が勉強したりするためのもので、
お施主さんの「ここに机がほしいんです」の一言でできちゃうんですよね
材料もあるし道具もあるし
こないだのようすけさんがUPされた円卓も切れ端でできたもの
やっぱ工務店てすごー
IMG_9619.jpg
机の天板の端っこは切りっぱなしじゃなくて少し内側に切り込むそうです
写真の真ん中辺りのネジ締めみたいなのを調節して
IMG_5316.jpg
キュイーンと加工。
わぁー木のにおいがする
IMG_5329.jpg
そしてこんな風になりますIMG_4353.jpg
私も机の表面のやすりかけのお手伝いさせてもらいましたぁ
手が振動でしびれる〜
IMG_8740.jpg
中学生の時の技術の授業で本棚を作ったときに、
紙やすりを手動でがーってこすってめっちゃ疲れたんですけど、
あの時これがあれば楽ちんやったのに…
と思いました


そんなこんなしてたら造園のあさみさんが外構工事終わりに帰ってこられました
IMG_8889.jpg
あ、木田さんとよしもとさんも断熱材吹き込み終わって帰ってこられました
IMG_7322.jpg

今日もとってもお勉強になりました
みなさん、今日もおつかれさまでしたぁーっ


ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓


円卓

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


ヨウスケです!

現場でJパネルを円形にくり抜いた端切れがあったので、円卓を作ってみました↓

高さを抑えたちゃぶ台です。先日までディスプレイ用に使っていた杉の一枚板の座卓は、
縁あって、あるお客様に差し上げることになったので、その代わりとして製作。

円自体は大工さんが秘技・ルーターコンパスを使って加工しているので正確かつ精密な仕上がり。
そこから、私が端部をテーパー加工してみましたが…近くで見るとガタガタです

だって専用の機械なんか無いし…手作業だし…
DSC_0976.jpg

テーパー加工をするのは、斜め上から見た時に、円のラインをくっきりと際立たせて強調するためです。
そうすると、円形の天板だけが浮いた感じになって、軽やかに見えるのです↓

直径は丁度60cm。
4畳半くらいの和室に置くとぴったりな可愛らしいサイズ。
しばらく見学会で使用し、また気に入って下さる方が現れたらこの子も貰われていくことでしょう
DSC_0977.jpg
今週末はぜひぜひ見学会にお越しくださいませ。
スタッフ一同、お待ちしております!
ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓


西陣 かみ添さん

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


先日、久しぶりに西陣のかみ添(カミソエ)さんにお邪魔しました。
南区・Hさんの家の襖紙を選ぶためです。
京町屋を改装したお店は、いつ来ても不思議な魅力に溢れています↓
DSC_0735.jpg
京唐紙は、江戸時代の中期に発達した、木版による襖紙です。
顔料などで染めた地紙に木版で文様を刷るという技法を用いて作り出される唐紙は、色鮮やかで
さまざまな変化に富み、独特の風合いを持っています。

京唐紙と言えば、有名なのが「唐長」さんという江戸時代からの老舗ですが、かみ添さんのご店主は、
その唐長さんで修業された職人さんです。

数年前に独立されたので、版木のストックという面では唐長さんに及ぶべくもありませんが、
その分、積極的に新しい試みを取り入れた、優れたデザインの唐紙を生み出しておられます

先日拝見した唐紙の中で、私のお気に入りがコレ↓
柿渋を塗った地紙に、ブルーのラインが入ったもの。めっちゃカッコイイ…
DSC_0737.jpg
Hさんが選ばれたのは、黄色い地紙に雪の輪のような模様が施されたもの。

注文させていただいた和紙はすでに出来上がってきていて、今は襖に張り付ける作業が行われています。
9月1日、2日の見学会でご覧いただけますので、どうぞお楽しみに!
ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓


| 1/5PAGES | >>

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM