設計道場 in 軽井沢

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


先週は、月に1度の秋山設計道場が開催されました。

今回の会場は軽井沢!
仕事があまりに忙しかったので、行くかどうか迷いましたが、見学できる場所があまりに
魅力的だったため、無理やり予定を空けて行くことに…。

「三笠の山荘」↓
P1100566.jpg
今回、特別講師を務めて下さったのは、益子義弘先生。
東京芸術大学の教授を長年務められた建築家で、吉村順三の流れを汲む建築家であること
から奥村昭雄先生、引いてはOMとの関わりも深い方です。

秋山先生にとっては、芸大時代の2つ上の先輩なのだそうです。
P1100578.jpg
私が勝手に抱いていた先生の作風は、自然で奇を衒うことがない、まっすぐな建築。
丹精に納められたディテールから、芸術家肌と申しましょうか、建築に厳しいタイプの
先生を想像していましたが、実際はとても優しく、穏やかな方でした。

実際に建物やその中の空間を体験して印象に残ったのは、随所に込められた気遣いや優しさでした。
写真を通して感じられることは、当てになりませんね
P1100568.jpg
P1100581.jpg
憧れの吉村順三「軽井沢の山荘」↓
私は個人的にこの建物がすごく好きで、1冊にこの建物のことだけを集めた本も持っています。
その後も時折パラパラと眺めていたので、感激もひとしお。

今回は外観のみの見学でしたが、いつか中を拝見したいなぁ〜〜。
P1100628.jpg
アントニン・レーモンド「夏の家」↓
こちらも名作ですが、現在は美術館として使われていて、建築本来の良さは大部分が
失われている感じでした。建物を残すためには用途が必要ではありますが、用途が
建物に合っていないと不幸な結果を招く…なんとも難しい問題です。
P1100645.jpg
池の向こうにヴォーリスの設計した別荘↓
昔の火曜サスペンスに出てきそうな古い洋館でした。
ヴォーリスまでさかのぼってしまうと、建築的に目指している方向が全然違うので、
参考にはならないです
P1100650.jpg
再び益子先生の「南が丘の山荘」↓
P1100667.jpg
いつにも増して濃ゆい内容で、片時もメジャーとカメラが離せませんでしたが、
大変勉強になりました。

とても良いインスピレーションが得られた部分もあり、今後の仕事に生かしていきたいと思います。

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

チーム次世代

JUGEMテーマ:住宅

↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


久しぶりに更新!
仕事が変わって最近は事務所にいることが多くなってきたので、もう少しブログも更新できるかと
思っていたら、図面の作成が意外に忙しく、以前よりもてんてこ舞いしてます

さて、そんな中でしたが、昨日は姫路工務店であるプレストさんにお邪魔してきました。
今年に入って「チーム次世代」という工務店の次代を担う若手の集まりを結成しまして、
今回はその2回目の会合

プレストさんの家は、お洒落でスタイル良くまとめられている印象。
方向性としては、無印良品の家なんかに近い感じです↓
P1100461.jpg
真っ白なガルバリウム鋼板は初めて見ましたが、めちゃカワイイ感じです。
今度機会があったら使おう…

内部はこんな感じ↓
この階段、つくるのすっごく難しいハズ…。うまいこと納まってるな〜。
P1100464.jpg
P1100468.jpg
キッチンは、木製の製作キッチン↓

やっぱり木の家には、木のキッチンが似合いますね〜
値段は驚きの65万円!システムキッチンの中級グレードの価格ですが、
フルオーダーでこれくらいの金額に抑えているのは凄いです。
P1100466.jpg
チーム次世代のメンバーは20代後半から30代が中心。
西は鹿児島から、東は今のところ浜松まで8社から集まっていますが、徐々に増えていきそうな感じです。
P1100490.jpg
毎回、家の見学と勉強会がセットになっていて、テーマを持って集まるようにしているのですが、
見積りのやり方から広告のデザイン、職人さんとの接し方やイベントの集客方法など、
日々の仕事で悩んでいることや考えていることを相談できるので非常に内容が濃いです。

お互いに刺激を受けながら、腕を磨いていけるような会になりつつあり、今後どうなっていくのか、
非常に楽しみです

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

Input/output

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


2月末から、立て続けに名古屋と埼玉へ出張してきました。

名古屋は、以前から参加している秋山先生の設計道場。
今季は久しぶりにレギュラーメンバーとして毎月参加することになりました。

私がレギュラーで参加したのは記念すべき第1クールの時で、今回は第9クール。
1クールは半年間なので、もう5年目に突入しているんですね。

メンバーは新しい方から常連の方まで色々ですが、先生のパワフルさは相変わらず↓
P1100312.jpg
久しぶりのコスモホームさんでしたが、こちらも相変わらずのハイレベルな仕事↓
いつも思いますが、コスモさんの家は、外構を含めた外観がすごく良いです。
京都は風致などの景観条例が厳しく、全く同じものを建てることは難しいのですが、
取り入れられる部分はどんどん採用していきたいです
P1100299.jpg
四日市市にある新築されたばかりの家も見学させて頂きました↓
畳屋さんのギャラリー兼用住宅だそうですが、こちらも片流れのファサードがカッコイイです
P1100325.jpg
内部はこんな感じ↓
防火地域ということで、構造部分を全て耐火仕様にしないといけないので、
いつもとは一味違った仕上がりです。でも、これもスッキリしてていいなぁ…。

来月は東京・町田市の鈴木工務店さんに遠征してきます。今から楽しみ!
P1100326.jpg
続いて、先週は埼玉の小林建設さんの新モデルハウスを見に行きました↓

東京からさらに東北新幹線にのって1時間のところにあるので、移動だけでも結構大変でしたが、
見どころたっぷりのモデルハウスには新しい発見も多く、大変勉強になりました
DSC_4119.jpg
小林建設さんは、大正10年に創業、OMソーラーに加盟されて25年と、
大変伝統のある工務店ですが、ここ数年でさらに業績を伸ばしておられるため、
現在最も注目されている工務店の一つです。

そのため、今回の見学会にも予約が殺到し、100人超の参加者があったそうで、
見学の時間帯を3回に分けてずらしたにも関わらず、人がごった返していました

モデルハウスの設計は、大阪にあるMs建築設計事務所の三澤文子さんによるもの。
三澤さんご自身が解説して下さいました↓
DSC_4108.jpg
モデルハウスの名前は「コバケンLABO」。LABOはラボラトリー(研究所)のラボですね。

研究のテーマは「パッシブ」です。
太陽光で直接土間を暖める仕組みや、夏用の土間寝室、蓄熱体で周囲を仕上げられた薪ストーブ
のある茶の間など、電気やガスなどのエネルギーを用いずとも住環境を快適にするたくさんのパッシブな
工夫がされていました。
DSC_4124.jpg
ポンプで汲み上げられた井戸水を流しているひょうたん型のビオトープ↓

LABOの素晴らしいところは、パッシブな取り組みとデザイン性が高いレベルで共存
しているところだなと思います。
いくら快適でも、ゴテゴテとデザインが悪いとちっとも魅力的じゃないんですよね。
パッシブと名のつくものをこれでもか、と盛り込んでおいて、シンプルにセンス良くまとめる。
住暮楽の家づくりの理想形を見た気がしました
DSC_4128.jpg
2月から、私自身、設計と現場とお施主さんの橋渡し的な仕事になりましたので、こうして
住宅業界のトップランナーの仕事を見る意義が一層深まったと感じています。

質の高い住宅を沢山見て、多くのものをインプットし、仕事の上でアウトプットしていきたいと思います

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

秋山設計道場 in 鹿児島 2012

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


今週、久しぶりに鹿児島で開催された秋山設計道場に参加させて頂きました。

1年ぶりに拝見したシンケンさんの家↓ 
とても格好いいです。シンケンさんの家は、毎年進化し続けるところが凄い
素晴らしい魅力的な家ですが、同業者である私にとっては非常に挑発的でもあります。

「こんな家、どうだい?建てられるかい?」

仕事のスケジュール調整は大変でしたが、これを見ておかないと後悔するだろうなと。
実際、参考になる部分も多くありましたし、それ以上に大きな刺激を受けて帰ってきたのでした
P1040343.jpg
今回は参加者が50人を超えていたので、屋内は人が多すぎてまともに写真が撮れません

最近のシンケンさんは25坪前後の家づくりを推奨されているようで、以前よりも小さな家が目立ちました。

一昨年くらいは高さのコントロール(ぐっと低くした天井や手すりなど)に力を入れておられる感じでしたが、
そちらはマスターされて、次のフェイズへ移行されているようです ん〜、進化が速い…。

建築面積自体は小さくして、様々な工夫によって広く感じさせるのは住暮楽が目指すトコロでもありますので、
取り組まれている試みはとても参考になりました
P1040348.jpg
2日目は恒例の即日設計。1日で家のプランを練り、図面を描き上げて発表するのですが、
今回の課題は家ではなく、シンケンさんの新しい家具工場のプラン。

難しい課題でしたが、最優秀賞には椅子が贈呈されるとあって、熱気はいつもより5割増し!?
私は、飛行機の都合で残念ながら最後まで参加できなかったのですが、最優秀賞はコスモホームの
森井さんが獲得されたそうです。森井さん、凄い! いいなー、椅子!

個人的に一番印象的だったのは、秋山先生の「余地を残す」というプラン。
広い敷地に、コアとなる真四角の建物をまず計画しておいて、その後の変化に応じて建て増しに
対応しやすくするという構想だったのですが、「後の変化に委ねる」という発想は、私には
持ち得ないものでした。

確かに、物作りの工場はビジネスの状況に応じて拡大する必要があるので、現在必要とされている条件は、
将来変化する可能性があるんですよね…。

未来像を含めて設計するという発想を得られたことが、今回の最も大きな収穫でした
P1040402.jpg
相変わらずタフな2日間で、体はボロボロですが、頭は刺激を受けて意欲がムクムク湧き出ています。
さぁ、頑張るぞー!

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓



設計の要諦

JUGEMテーマ:住宅 

↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


前回の記事の続きです。
初日の見学では、秋山先生が基本プランを設計された家も拝見することが出来ました。
3つ見せて頂いた家は、どれも素晴らしいものでしたが、個人的に一番好きだったのがこの家です。

なんといいましょうか、心を鷲掴みにされるような、ダイレクトに響いてくる良さがあるのです
でも、なぜそのように感じたのかは、自分でもまだよくわかりません。
ここが瞬時に理解できるようになれば、設計の要諦を掴めたということになるのかなぁ…

こんな感じのおうちなんですけどね↓
P1030644.jpg
ちなみに、この家は「Be-h@us」といいまして、秋山先生の考案されたシステム住宅です。
フォルクスAとは姉妹関係ということで、窓周り以外はほぼ同一のもの。
これからフォルクスA-proの工事が始まるので、ひっじょーに参考になりました

秋山先生のエスキースが飾ってありました↓ これはうらやましい!!
P1030646.jpg
外部はこんな感じ↓
2階建ての母屋と平屋のガレージがL字をなすようにうまく配置されています。
それにしても、小澤さんは、家だけじゃなくて外構も上手いです…
P1030643.jpg
各所の納まりがとてもきれい↓
「納まり」とは、性質の違う2つの物が合わさる(取り合っている)部分をきれいに見せるための工夫、施工方法、あるいはそれによって作られた「かたち」を指します。

たとえば下の写真では、南と西の外壁がそれぞれ取り合ってきています。
あるいは、壁と窓も取り合っていますし、外壁自体も上部が板で下部が塗り壁なので、その境い目で
取り合いがあります。

この取り合いを上手につくってある状態を指して「納まりが良い」と言います。
どこもかしこもビシッと納まってますでしょ?
P1030667.jpg
オマケのようですが、2日目はいつも通り即日設計と合評が行われました。

今回のお題は、ハーレー4台と自家用車が2台、仕事車3台を駐車するスペースが必要な家、
ということでいつも以上に多彩なプランが提案されていました。
ともすると住居のスペースよりガレージの方が広くなっちゃうんですよ

「こんなんじゃハーレーを車庫から出せない!!」
「施主の気持ちがわかってない!!」
「ハーレーの隣に便所を作るな!!」

などなど、今回も秋山先生の厳しいご指導を賜ったのでした…。
P1030691.jpg
こうして充実の2日間となりました
秋山先生、鈴木社長、小澤社長、有難うございました!

新たに学んだことは、早速住暮楽の家づくりに還元していきたいと思います…。

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

 

| 1/10PAGES | >>

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM