1/50模型

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


今週、1/50サイズの模型を1つ作りました。
現在設計中の枚方市・Iさんの家です。

前面に突き出したデッキが印象的なIさんの家。
しかもこのデッキ、鉄骨造で上面を緑化する予定なのです。
(鉄骨製とはいえ実際には下に柱が立ちますが、模型の都合上、今回は柱を省略しています。)
DSC_3249.JPG
住宅密集地に立つIさんの家では、採光・通風を勘案すると2階リビングが有利。
外とのつながりが薄れてしまうのは忍びないということで、庭も2階に上げてしまおうという発想。
ダイナミックで面白いプランですよね〜
DSC_3260.JPG
1/50の模型は、外観用の1/100に比べて作る手間が3倍くらいになるので、よほど余裕のある時だけしか
作ることが出来ませんが、これがあれば設計打ち合わせはとてもスムーズになります。

また、部屋の広さや、天井の高さ、窓の大きさや視線の抜け方などなど、普段図面を見慣れている私たちでも、
模型を作ってみることで新たな発見を得ることがよくあります。
図面は2次元ですが、作られる家は3次元。模型はその間をつないでくれる存在なんですね。

今回は大梁だけ軸組みを表現してみました↓
DSC_3263.JPG
1階は土間の部分だけ1段下げています↓
階段は最後に急いで作ったのでちょっとガタガタ?
DSC_3265.JPG
「緑化」は今後の家づくりにおいても1つのキーポイントになりますので、今から家の完成がとても楽しみです

今日もポチッとご協力を!!
↓ ↓ ↓


1/50模型

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


久しぶりに1/50サイズの模型を作りました。
DSC_0879.JPG
普段作っている1/100模型と比べて、一辺の長さが倍になるので、面積は4倍。
見た感じもミニチュア的な1/100より、だいぶリアルな家っぽさが出ます。

住暮楽では、1/100模型が外観の確認用という位置付けで、
1/50模型は内部空間の広さや光の入り方などを確認して頂くために作ります。
そのため、1階と2階、屋根をそれぞれ分離可能にしておきます。
DSC_0883.JPG
階段も再現↓

1/50模型の方が大きいので、細かな作業から開放されると思いきや、ディテールをある程度作り込まないといけないので、
やっぱり細かな作業をすることになります。肩がこるこる。
DSC_0886.JPG
現在はご希望に応じてお作りしている1/50模型ですが、図面だけではお伝えしにくい情報を、
ダイレクトに見ていただけるのはやはり魅力。
すぐには無理ですが、ゆくゆくは全ての物件でお作りするスタイルにしていきたいものです。

目も乾く乾く。
↓ ↓ ↓
 ________________________________________________________
-Information-

完成見学会 「大津市・Kさんの家」
いよいよ今週末、完成見学会を開催いたします。
生活を便利に楽しくするアイデアに溢れた家を是非ご覧ください。

日時:2010年1月22日(土)〜23日(日) AM10:00〜PM4:00
詳しくは当社ホームページ「見学会のお知らせ」をご覧下さい⇒コチラ

黒色模型

JUGEMテーマ:住宅
 

↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


久しぶりに模型を作りました。
いつも白色模型なので、気分を変えて黒色で…というわけではありません。

風致地区の家なので、外装材が限定されるのですが、焼き杉板はどうかなぁと、
黒色ボール紙の裏側を利用して作ってみたのですが、思ったほどの素材感が出せず、
色だけがやたらと真っ黒な模型になってしまったのです。
DSC_0804.JPG
角地の家で、真南に合わせて家の向きを振るということで色よりも敷地と建物の向きの方が今回は
重要でしたので、一応模型としての役割は果たしてくれました。

高田さん「まぁ、色は心の目で見て下さい」とのこと。                      …くっ
DSC_0813.JPG
まぁでもこうして見慣れてくると、黒の模型も結構カッコイイかも…。
内部の間取りについては社内の設計会議で一発合格、お客さまからも一度目で気に入って頂けたご様子で嬉しい限り

この家もきっと良い家になりますよ〜

深夜に音楽を聴きながら模型作りしていると、時間を忘れて没頭できて意外とストレス解消になります。
↓ ↓ ↓
 ________________________________________________________
-Information-

構造見学会 長期優良住宅 「北区・Kさんの家」
来週末、構造見学会をやりま〜す!
日時は以下の通りとなっておりますので、是非起し下さい。(予約不要です。)
見て、触って、面白い。をテーマにしておりますので、ちゃんと面白いかどうか確かめに来て下さい。

日時:2010年12月18日(土) AM10:00〜PM4:00
地図は当社ホームページ「見学会のお知らせ」をご覧下さい⇒コチラ

1/100模型

JUGEMテーマ:住宅
   

↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


新たに設計が始まった、右京区・Nさんの家の建築模型を作りました。
敷地の都合上、屋根の両サイド(けらばと言います)を壁から突き出すことができず、そうすると軒先だけ
伸ばすのもバランスが悪いので、箱のような家になっています。

住暮楽ではめずらしいファサードですが、ちょっと新鮮
DSC_0240.JPG
台形の敷地に沿って斜めになった外壁↓
模型での再現が難しい難しい…。特に屋根。

最初の1/100模型を作るときは、だいたい平面図しかないので、3Dは頭の中で組み立てないといけません。
小一時間ほど悩みながら作りました。
DSC_0232.JPG
DSC_0248.JPG
内部は2階リビングでゆったりとした間取りの2世帯住宅。
外壁の斜め部分が、内部空間においても良い感じのアクセントになっております。
DSC_0227.JPG
これから形になっていくのが楽しみです。

急に寒くなったので、めずらしく風邪ひき中…。明日には復活したいです。
↓ ↓ ↓


完成模型

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも本当にありがとうございます


北区・Oさんの家の完成模型を作りました。

いつもは作らない完成模型ですが、今回はお施主さまから「ぜひ記念に!」というリクエストを頂いて作成することに。
せっかくなので、いつもと少し趣向をかえてみました↓
DSC_9483.JPG
普段、私の作る模型は全て白色模型ですが、これには実はコダワリがあるのです。

私の好きな建築家に中村好文さんという方がいます。
その中村さんが、著書の中で「建築模型は適切に抽象化されていることが何よりも大切」と書いていて、
ロバート・ベンチューリという建築家のつくった厚紙の簡素な模型をたいへん褒めていたのです。
それに加えて、着色され、精巧に作られた模型は、まるでドールハウスだと否定しています。

中村さんのファンであった私は、その本を読んで以来、建築模型は抽象的であるべし!
と、かたくなに白色模型を作り続けてきたというワケなのです
DSC_9480.JPG
今回の完成模型は、その点から言えば邪道なのですが、外壁の材質や色も決定してますし
(普段はプランニング初期に作るのでそこまで決まっていません)、模型自体がそもそもオマケみたいな
物ですから、いつもはやらないことをやってみようと、出来るだけ実物に近い色にすること+ダンボールで、
ガルバリウムの波板を表現してみました。
木を使っている部分はマーカーで着色などなど、けっこう芸が細かいです(笑)。
DSC_9487.JPG
プランニングの段階で、形や敷地に対する大きさを検討するためには色の無い模型が向いているように思いますが、
完成版は、色合いのチェックのためにも着色模型が適していると思いました。
何事も適材適所、ということなのでしょう。
DSC_9485.JPG
というわけで、初めての完成模型でしたが、1/100なら白色模型とそれほど変わらない手軽さで作れることが判明。
今後もリクエストがあれば順次作っていきたいと思います。

ブログランキングに参加中です。
下のバナーを1日1回クリックして下さいね
↓ ↓ ↓

| 1/6PAGES | >>

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM