完成写真 左京区・Oさんの家 その2

JUGEMテーマ:住宅

↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます

Oさんの家の完成写真、続きです★

タタミリビング
「山小屋」が第一コンセプトとしますと、第二のコンセプトは畳。
ご夫婦共に畳好きなOさん。というわけでリクエストにより、リビングの床の8割くらい
を畳とさせて頂きました。

しかし、問題が…。

泊まりでお客さんが来られた場合の泊まるスペースを確保するため、一部を障子で閉じられる
ようにして欲しい、とのご要望。ふむふむ。

しかし、障子の敷居で畳が区切られないように。えっ?

サラッとおっしゃいますが、結構難しいですよ。ソレ。
DSC_3246.jpg
というわけで、色々と悩みつつも完成したのがコチラ↓

敷居無しにするということで、建具は吊り戸仕様。
しかし、建具が3枚引きなので、それぞれが見えない部分の金具で繋がった連戸になっています。

戸を閉めた時にブラブラしないよう、壁に凹み部分を作って、ピタッとはまり込むようにしつつ、
さらに、開けた時の開放感を重視して、鴨居は天井と一体にしてみました。

完成した時にはシンプルに納まっていても、作っている最中は悶絶しながら悩んでいるというのは
よくある話(笑)。悩んでいる時が一番楽しいという説も…
DSC_3244.jpg
ただ、ご入居後にお訪ねした際、住み心地をお聞きしていると、杉の床板の感触がすごく
気持ち良いそうで「こんなに畳ばかりじゃなくても良かったですね〜」とのこと。



工エエェェ(´д`)ェェエエ工

CSC_3239.jpg
DSC_3139.jpg
玄関
玄関土間に薪ストーブ↓
夏も冬も山によく行かれるOさんたち。濡れたレインウェアなども、土間なので水が滴る
ことを気にせずかけておけるので非常に重宝されているそうです。

そういえば、2013年は土間の良さが見直された年でしたが、それはまたいずれ。
DSC_3080.jpg
DSC_3190.jpg
ダイニング・キッチン
ダイニングのブラウンの壁にはチョークボードペイントと言って、壁が黒板になる塗料を塗っています。
しかも、下地にはマグネットペイントという特殊な砂鉄入り塗料を使用しているため、
磁石もくっつきます。

これも2013年度の家で大流行しましたが、Oさんの家が初めてでしたね〜。
DSC_3058.jpg
色の種類も豊富なので、家具の色などに合わせてコーディネートするとかなり良い感じです。
DSC_3054.jpg
洗面
最近、標準仕様に加えられた鏡収納もこの時点では試作品↓

Oさんの家の写真は以上です。

次回は住暮楽で初!の中京区の家。Kさんのおうちです。
どうぞお楽しみに〜
ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

完成写真 左京区・Oさんの家

JUGEMテーマ:住宅

↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます

2013年度、沢山の新築・リフォーム工事をさせて頂きましたが、その完成写真をちっとも
アップできていませんでしたので、しばらく時間をかけて、まとめて公開していきます。

まずは、2月に完成した左京区・Oさんの家から。

外観
2階部分が杉板縦張り、1階部分がシラスそとん壁の掻き落とし仕上げという、
住暮楽では定番の組み合わせですが、色合いは山小屋をイメージしています。

Oさんご夫妻はどちらも登山をご趣味にされておられ、プランニング中にも
「東北地方の○○山の○○という山小屋の外壁の感じが良くって〜」といった話しが
度々出ていました。
DSC_3367.jpg
流石に現地へ見に行く訳にはいきませんでしたが(行きたかったですケド)、幸いネットで
写真を掲載しているサイトがあり、大いに参考にさせて頂きました
DSC_3304.jpg
DSC_2976.jpg
アプローチの横に薪置場。
このように薪がたくさん積まれた薪置場は、外観上のポイントになり得ることを発見。
Oさんの家では、たまたまの発見でしたが、今後は意図的にこれを含めて外観提案をして
いこうかなと思います。
DSC_3382.jpg
SHIP(書斎)
というわけで、2階の書斎スペースも山小屋のイメージ。
本棚には山関係の書籍や地図などがズラリ。
DSC_3211.jpg
壁面を杉板で統一するのもなかなか魅力的ですね。
DSC_3208.jpg
DSC_3222.jpg
つづきは次回です!
ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

完成写真 左京区・Sさんの家

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


お待たせしました!
左京区・Sさんの家の完成写真をご紹介させて頂きます。
例によって枚数が多いので、前後編に分けてお届けします

外観
上下で仕上げの素材と色を分けた2色使いの外観。
風致地区ということもあって、落ち着いた感じを目指してますが、その中にどこかポップな
可愛らしさが感じられるような色使いを意識しました。

上部の杉板にはオスモカラーで塗装。
DSC_2722.jpg
春になって、草木が芽吹いてくるとまた違った感じになるでしょう↓
その時に外観をもう一度撮影させて頂きたいと思います。
DSC_2735.jpg
玄関〜階段
玄関は道に面しているため、手前に板塀を建てることでアイストップ(視線止め)にしています。
この時、視界を全部遮ってしまうような塀は、圧迫感があって鬱陶しい感じになってしまいます。

塀は小さい物でも十分で、その他に木を植えたりすることで、複合的に視線を「散らす」ことが肝心なのです。
そのバランスは現地で状況を見ながら考えるしかないので、いつも外構の岩前さんや造園の浅見くん達
とアレコレ考えながら決定しています。
DSC_2709.jpg
階段はヒノキを使用。

手すりは裏側に溝が彫ってあり、手で掴んだときに握りやすくなっています。
山科区のUさんの家から標準化してますが、かなり好評

気付かない方も沢山おられますが…
DSC_2800.jpg
SHIP
家族の書斎は2階。リビング・キッチンそれぞれから丁度良い距離に配置されていて、
南向きのとても明るいスペースになっています。

書斎はどちらかと言えば北側に作ることが多いので、南向きというのは結構珍しいですが、
明るい書斎というのも良い物ですね
DSC_2755.jpg
住暮楽は、書斎を家族で共同所有することをおススメしていますので、書斎も「家族の集う場所」
になります。
そのような場所を陽当たりよく、ポカポカしたスペースにすることも大切だなぁ、と改めて実感しました。
DSC_2493.jpg
和室
落ち着いた和室は、部屋の中央に建具を引くことで2室に分けて使うこともできます。

Sさんの家の壁は、お施主さま自らのDIY施工ですが、プロに匹敵する腕前
とくに、この和室は絶品
DSC_2572.jpg
壁の一部に紅葉が埋め込まれていました↓
葉は本物です。美しく紅葉していますが、この色は塗装されたそうです。

当初壁に埋め込まれたばかりの時は緑色だった葉が、ある日赤く染まっていたので、
え?落ち葉も紅葉するの!?と動揺した私でした
DSC_2576.jpg
残りの写真は次回をお楽しみに!

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

完成写真 右京区・Uさんの家 後編

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


洋介です!

右京区・Uさんの家の完成写真・後編です

玄関・フリースペース
DSC_1284.jpg

DSC_1291.jpg ↑玄関の横はフリースペース。
 将来は子供たちの個室になる予定ですが、
 小さい内はどのようにも使えるようにしておきます。

 「広い家」と「広く使える家」は、
 似ているようで全然違います。
 コストの面でも、使い勝手の面でも
 優れているのは後者。

 ←今回の土間は桧を使った板土間。土間と分かって
 いても、土足では踏むのに抵抗が…

 ↓玄関横の壁はシナベニヤを使用。
 正方形に切ったものを市松状に貼ってみました。
 

DSC_1281.jpg

リビング・ダイニング
DSC_1373.jpg
Uさんの家の食卓は、直径1200ミリの円卓。
我が家と同じく、鹿児島のシンケン・ウッドワークス製です。

椅子は新製品の座面革張りタイプ。これ座り心地めっちゃ良いです
ウチは座面が板なのですが、若干お尻が冷たいので、薄い低反発クッションを使ってます

円卓とペンダントライトの組み合わせも良いですね〜〜
DSC_1326.jpg
三角形のスツールもシンケン・ウッドワークス製↓

デスクは住暮楽の峠さん謹製(笑)
峠さん、最近ジワジワと家具作りが上手くなっていってる気がする…
もともと器用だからなぁ…。

Uさんの家は2階のワンフロアにリビング・ダイニング・キッチンとSHIP(家族共用の書斎スペース)、
お風呂、洗面、トイレの機能が集中してますが、すごく使いやすい感じがします。
DSC_1334.jpg
吹き抜け・階段廻り
2階は桧のフローリング。厚みは15mmですが、見た目の美しさはピカイチ

桧の整然とした美しさと、杉の柔らかな親しみやすさはそれぞれ違った良さがあり、甲乙付け難いです。
DSC_1356.jpg
階段廻りの壁は越前和紙貼り。
紺色が効いてます。

OMソーラーの立下りダクトはワインレッド。
最近登場した色ですが、これも良い色です。

住暮楽の家は色使いがシンプルなので、どこかに思い切った色遣いをして頂くと、
空間がバシっと締まります。

踏み切るのにはなかなか勇気が要りますけどネ
DSC_1358.jpg
というわけで、Uさんの家いかがでしたでしょうか?

今週末は大津市・比叡平で見学会が予定されておりますので、是非お越し下さいね〜〜!
ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

木製サイクルポート

JUGEMテーマ:住宅


↑ ↑ ↑
いつも応援、本当にありがとうございます


洋介です!

右京区・Uさんの家の完成写真の続きが残っておりますが、タイムリーに、サイクルポートが
完成しましたので、先にご報告〜
P1090228.jpg

トモちゃんの希望により、サイクルポートは木製。
柱が片側にのみ立っている片持ち形式のため、アルミや鉄などの金属に強度面で劣る木で
作るとなると、工夫が必要。

一般的には方杖(ほうづえ)と言って、直角に組んだ梁と柱に対して、斜めに梁を支える
材を使うのですが、安易過ぎて嫌だという磯部さんのワガママ、コダワリを尊重し、
あーでもないこーでもないと検討した結果、写真のような感じに仕上がりました↓
P1090230.jpg
下の写真は製作時の柱と梁の接合部↓

加工が複雑なので、文章では説明できないです

透明ポリカを通して、綺麗に空が見えます。波板に比べて、フラットなポリカは高価なんですが、
ガラスよりも透明度が高く、独特の質感があります↓
P1090229.jpg
 
次回は完成写真の続きを紹介させていただきます

ブログランキング参加中!記事を読んだ後は、バナーを一押ししていって下さいね〜
↓ ↓ ↓

| 1/14PAGES | >>

ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。
記事を読んで、面白かった!参考になった! という方は、ぜひご協力を☆


上のバナーをクリックして、
ランキングの画面になったらOKです♪
※投票は1日1回まで有効です。

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

住暮楽ブログの記事を検索

住暮楽の会社紹介

⇒ 住暮楽とは?
⇒ 住暮楽のホームページ

<連絡先>
京都市北区西賀茂鹿ノ下町
112-1
TEL:075-495-8825
FAX:075-495-8666
MAIL:danran@sumikura.net

新着記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

コメント

トラックバック

プロフィール

その他

携帯アクセス

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM